更新履歴
2013年も元気に走っています。
更新が楽なブログの方を再開してます。 メンテナンスレコードにオリジナルのメーターパネルの作成記録を記載しました。
ブログはさわりだけで、この本家サイトで詳しく書く流れで進めたいと思っています。
ブログの最新記事をRSSで見れるようにしました。ページ右部分の記事タイトルをクリックして外部サイトHeadway-Blogへどうぞ。
(RSSの読み込みに時間がかかります)
QA1 Coilover Shocks
以前から気になっていたコイルオーバー式のショックを入れました。いわゆる車高調ってヤツですね。大径ホイールのインストールに伴い調整が出来るようにと、乗り心地は二の次で入れました。バネレートも純正から3kg程上がりましたが、乗り心地はよくなったように思います。減推力も調整できて、今後もまだ乗り心地は向上するかもしれません。現在は乗りながら減推力の調整中です。理想のショックがメーカーで見つからなかったのでMonte Carlo用を選びました。購入前からの様子をUPしました。 more.....


Steering Components Replacements
まだ全ての内容を記載したわけではないのですが、ステアリング関係のまとめをしました。ハンドリングの改善に向けて色々と部品の交換や調整をした中で、ステアリングからパワーステアリングギアボックスの交換までを記載しました。ギアボックス交換、ラグジョイント交換、フロントエンドの劣化調査の方法まで、次の更新でタイロッドなどの交換方法を載せます。 /more.....
Click to category
BBS
Maintenance records
Sitemap
Blog


New Distributor
デスビをノーマルからバキューム・ガバナー進角するタイプへ取り替えました。点火タイミングは奥が深い・・・その前に交換によってちょっとタイミングがズレてしまって大変でした。 参考までに・・・。 特種工具があると作業はスムーズに進みます。 そしてもう一つ「根気」も必要かもしれませんね /more
Drilled Rotors
酷く痛んだローターを交換しました。ローター交換は見た目の為で、本当の目的はハブベアリング交換。ステアリング系統のイジりはこれで大体交換完了。思えば、ステアリングボスからシャフト、ジョイント、ギアボックス、ピットマン、センターリンク、タイロッド、ボールジョイント、そしてベアリング、ローター、結構交換したなぁ・・ / more
Original Gauge Panels
純正はいくら頑張っても明るくならない・・・。球の交換や加工より、社外メーターを入れたほうがてっとり早いと思い勝ちですが、そうでもない。結構大変です。 昨今のプロツーリング系の内装を見ると、60年代の車は当たり前のように社外メーターを入れていますね。じゃあ80年代のG-bodyも入れちゃおうよ!と、加工を重ねインストールしました。 /more

Wilwood Breake Cariper
純正のブレーキキャリパーの異音と、いくら調整しても固定用の金具を取り付けてもグラグラするディスクパッドを払拭するため、ポン付けのキャリパーを入れました。ドリルドローターと一緒に作業すれば良かった・・・。 /coming soon
Speaker System
純正のダッシュ上にあるスピーカーをツイーターへ交換、ドアを切って13cmスピーカーを入れて、MDFボードでインナーバッフル作成。ドアパネルは新調。アンプとサブウーファーを荷台の下に2発入れました。一見純正のように見えるけど、結構音が良くなり満足してます。 ただ、オーディオ関係って上には上があるので、引き際が肝心。 /coming soon

Headway-Blog RSS
Headway New Maintenance Records

What's New

Thanks

HEADWAY 2   NEW STYLE UP DATE : 20 / Sep /08 .   / Manager : Zackn This site is only Japanese,
※このサイトに掲載されている自動車の修理、改造の内容や信憑性関して一切の責任を負いません。DIY作業は自己責任で行ってください。
当サイトは決して改造車の集会や自動車の改造を奨めるものではありません。
車を相棒と考える人の交流の場として、車を生活の一部と考える人の為に今後とも微妙なタイミングで、絶妙な更新を頑張ります。
Thank you for waching my site