さて、ひょんな事から突然オールペンを決心したんですが、その時の様子をアップします。
オールペイント事態は業者さんにお願いしましたが、細かなコダワリというのはどのオーナーさんでもあるはずですし、
今回僕は、ベルトやフロントのバンパー、グリル、ライトベゼル交換などの作業も一緒に行いました。
突然ですが、バラし中
塗装する場合は極力はずせる部品は外すのが基本ですね。
エンジンを降ろしてエンジンルーム内部まで塗るのが理想ですが、そこは予算に応じてです。
今回はエンジンを降ろしてまでの作業はしませんでした。
もっと理想的な塗装は既存の塗料を剥がす、全部塗料を落として、下地から綺麗に作ると年式相応の錆や浮きなどが防げますね。
一概に塗装と言っても、予算次第で作業内容が変わります。
一番の理想は上記のように、パーツを外す、(ドア・フェンダーまで)
現在の塗装を落とす(下地用にパテやサフェーサーをしっかり)
エンジンを降ろし、ほとんどバラバラに
それからの塗装が一番理想です。

今回はそんな予算がありませんでしたw
しかし、黒いエルカミから、念願のアイボリーのエルカミへ!
夢は膨らむばかりですね♪

海が似合うエルカミを目指して、出来ることは自分で!
少しでも安くなればいいかと思ってましたからね。
ブースに入って塗装!
事前に色を打ち合わせしておきます
出来れば国産車や輸入車の純正色を使うのがイイでしょうね。
ちょっとした傷などの補修はタッチアップが直ぐにつくれますから。
今回自分はオーダーで好みのアイボリーを作ってもらいました。


写真は塗装が終わった時点でのブース内の写真(携帯ですが)

ある程度パーツを組み付けてもらいました。
まだ、バンパーなどは取り付けてませんね〜


新しい色を塗ってウキウキでした!!


今度はライトベゼル・バンパー・グリルなども購入して準備してました。
これから取り付けです!
フロントのパーツなどは事前に買っておきました。
古いパーツはもしもの時の為に保管しますが、何かあったら譲ろうと思っていますが・・・必要な方がいらっしゃれば連絡下さい。
年式相応、目立った傷などはありません。
それにしても、新品・リクロームパーツは見てるだけで興奮します。無茶苦茶綺麗ですねw
上記のパーツを組み付けて完成!
バンパー取り付けなどは比較的専門的な知識などは必要ないですし、見たまんま取り外しをして、その反対をして取り付けをするだけですので、自分でやりました。
バンパー交換だけは2人でやったほうがいいかもしれませんねw


黒いエルカミからガラッっとイメージチェンジ!
満足のいくできあがりでした。


この時にはベルト交換も一緒にしました。
それから、バンパーを後にもう一度交換することにもなりましたし、全塗装をする方がいらっしゃれば、注意して欲しい部分が一つあります。
全塗装をするときに注意して欲しいのはこの部分!
グリルの奥まで同色で塗らないことですねw

ものっそ変です。
僕は一度グリルを外してつや消し黒に塗りました。
全塗装をする場合は、一緒に塗ってしまいそうですが、この部分だけは気を付けて依頼するべきかと思います。
ひょっとしたら気の利いた業者さんなら言わなくても分かっててくれてそうですが(笑)

しかし、あなどれないのがこういう部分のコダワリw
ボディと同色で塗っていた時は、遠くから見るとBMWみたいな感じだったんですが、黒に塗ったことで印象が全然変わります。
ちょっとしたプチ整形でここまで変わる、小技でした(技って程じゃないかw)


おまけ
しばらく車がブースに入ったり、塗装の順番待ちだったりしたので、消耗品の交換をついでに行いました。
ベルト交換です。
ベルトには品番がかいてあるので、海外などのショップや国内のショップで購入します。
エルカミは、全部で四本のベルトが使ってありました。
見た目はまだ綺麗なんで、交換するのも抵抗がありましたが、しばらく交換をしていなかったし
見た目(表)が綺麗でも、裏に傷や亀裂が入ってる事が多いと聞いたので、部品を注文しました。
バールとラチェットでベルトを外していきます。
ファンをくぐらせたりして、4本のベルトが外れたら品番などをチェック。
間違いなく取り付けできるようなので、新品を取り出し、古いベルトがどれくらい古いかベルトの裏側を見てみました。
うぉっ!?
こうやって見てみると、こんなに深い傷があることが分かりました。
やっぱり表面だけ見てみても分かりませんね。
いつ交換したか分からないベルトだったら交換をオススメします。
このベルトをみて、チョットびっくりしました。

見かけによらないもんですね〜
しっかり、リブの数なども数えてみました。
意外と86年式は変更があった年だったので、全ての最終型エルカミが同じベルトとは限らないみたいです。

ベルトにも沢山種類があって、リブの数やベルトの形状。
Vベルトになると写真のとは全然違います。
ちなみに、オルタネーターをVベルトで回すエンジンが多いのですが、僕のエルカミはこのリブベルトで回すようになってました。

リブでオルタを回すのはエルカミの他だと、有名なのはアストロあたりですかね?
主に使われてるのはVベルトみたいです。
さて、ベルト交換も終わり、塗装も終わり
久し振りに新しい色のエルカミを乗り回そうと思ったのでした。
BACK
検索エンジンなどからいらした方はこちらからTopへどうぞ