デスビ容疑者無罪放免事件でガックシ肩を落としていた矢先にエンジンルームを覗いた時、偶然にも鼻が詰まってなかったので気が付きました。「ガソリン臭ぇ・・・」よ〜く見てみると異常にオイルが付着してホコリまみれになってました。「フューエルポンプ君・・・早く言ってよ」あんたでしょ?ドドリの原因は・・・ってな事で注文しました。僕のエルカミのポンプは機械式。電気式のポンプだと前触れもなく急に逝ってしまうとか・・・それはさておき、フューエルポンプってどうやって交換するの?ってな状態から作業開始な僕。さすがに友人の手をかりました。某国産メーカーのS君と後にアストロ乗りとなるH君と、心強いですなぁ〜。イイ友達に恵まれて嬉しいっす。とにかく今のポンプを「外せ」って事でラチェット片手に外しました。作作業自体は簡単です。ただ、ガソリンの匂いと腰の辛さを除けば。※ポンプやフューエルラインを外すときにはガソリン給油口の蓋を開けておくといいらしいです。(僕もしました、効果はわかりませんが)
ポンプを外した写真(いきなりこの画像です、ハイすいません)
汚いっすね。僕もそう思いましたw仕組みは昔井戸でみた水を汲み上げるポンプと一緒、エンジン内にあるプッシュロッドがポンプの腕みたいなのをカチカチ押すとタンク内にあるガソリンを吸い上げるって・・ただそれだけみたいですよ?詳しくはしらないけど、見た感じそうだったっす。バルブカバー交換などで行ったように、ポンプとブロックの接着面も外した際に紙ヤスリで擦って平らにしましょう。
外したポンプがコレ→
これも純正の代物でしょうね。ポンプとフューエルフィルターも外しました。交換するならフィルターも交換したほうがイイかもしれません。僕は、下見段階でポンプとフィルターを交換する予定でした。フューエルホースも劣化してるようだったら交換するのがいいかも・・・僕は交換するときに気が付きました。ゴムホースだからパリパリに硬化してる事もあります。
なぜか外したポンプの写真が沢山・・・・
この部分をロッドが押してポンプを動かすわけです。
まぁ、外した部品をいくらみてもしょうがないので・・・
これが新しいポンプ♪僕はホーリー製のポンプを購入しました。このポンプ(と言うか、機械式のポンプ)は弁の入り口側と出口側が外せて、角度を変える事ができます。もし、フレームなどに干渉する事があったら角度調整をしてみましょう。実際僕も調整しました。
ポンプを付ける前にはやっぱり永年の汚れを落とす作業です。プレートとプッシュロッドを外したときの写真です。かなり汚れてますね。これらの作業が終わったら、プレートとブロック(エンジン本体)、プレートとガスケット、ポンプ接着面に液体ガスケットを塗りきっちりくっつけます。
プッシュロッドを先にいれてポンプを付けるわけですが、ロッドが奥に入らなくてポンプが付けれないときがあります。
要は、ロッドがポンプを押している状態で外すと、今度はポンプを付ける時に押し込まないとポンプが付かないわけです。(意味分かってるのは俺だけ?)非常事態だったのですが、
セルを少しずづ回してロッドが奥にはいる状態でポンプを付けます。こういう方法で良かったのか・・・クランクを回すべきだったのか・・・とにかく、作業完了!
見事ドドリもなくなり、高圧のハイパフォーマンスパーツなので、エンジンの始動性も抜群です! よかった〜!手がガソリン臭いけど・・・・
BACK
検索エンジンなどからいらした方はこちらからTopへどうぞ