お子様の矯正治療

お子様の矯正治療

お子様の歯並びが気なるご両親へ

欧米では、親は子どもの誕生と同時に将来の矯正治療のための積み立てを始める言われるほど普及し、矯正治療は歯ならびが悪ければ、当然受けるべきものと考えられています。

矯正治療は、単に、歯ならびをなおし、見た目をよくするための治療ではなく、上下の歯のかみ合わせをよくする治療です。歯ならびやかみ合わせが悪いと、次のような、弊害がおきやすくなります。  
  • ■虫歯や歯周病になりやすい 
  • ■正しい発音がしにくい
  • ■よく咬めない(胃腸障害になりやすい
  • ■顎の成長を妨げる
  • ■顎関節症になりやすい
  • ■姿勢が悪くなる
このように、からだ全体の発育や健康、ひいては心の健康にまで影響します。 子供さんの場合、大人の方とは違い成長発育段階にありますから、骨の成長を利用し治療ができます。

また、骨代謝が旺盛なため、歯の移動にも適しています。

こうした治療に最適な時期を逃すとそれだけ治療方法も限定されてきます。
そういう点においても、大人になる前に、治療を受けられることをお勧めします。

ただし、治療を開始したほうがよい時期は一人一人異なってきますので、一度矯正医にご相談されることをお勧めします。

またこの時期は、性格形成のなされる大切な時期でもあります。
外見的なコンプレックスにより内気な性格にならないとも限りません。こうしたハンディキャップは、少しでも早い時期に取り除いて上げるべきものだと思います。 一般に小学生くらいまでは、歯に関心はほとんどないといってもよいでしょう。そのため、自分から進んで治療を希望する子は稀ですから、ご両親が将来を考えて矯正治療を受けさせてあげたいという愛情にかかっているといえます。

美しい口もと・笑顔は、一生の財産です。そうした意味では、矯正治療は一生残るお子さまへのすてきな贈り物といえるのではないでしょうか。 いずれにしましても、治療についてもっと詳しく知りたい、あるいは、悩みがあれば、一度子どもさんのお口の中を拝見しませんと具体的なお話できませんので、気軽にご相談においで下さい。納得のゆくご説明をします。

  • 矯正治療 歯並びに関心をお持ちの方
  • 大人の矯正治療
  • お子様の矯正治療
  • 矯正治療の流れ
  • 実際の治療
  • 矯正Q&A
  • 来院中の方へ
  • デンタルエステ